雀友倶楽部は、秋葉原駅から徒歩1分のノーレートの競技麻雀道場です。マナーよく、楽しく、真剣に麻雀を楽しむことができます。

ノーレートの意味と雀友倶楽部の特徴

ノーレートとは知的ゲームとしての麻雀、平たくいうとギャンブル要素(レート)を排除した方法(ノーレート)を指します。

 

当店はノーレート雀荘であることに加えて、禁煙、アルコールなしも取り入れた健康麻雀を推進しております。

これから麻雀を始めたい方、トッププロと麻雀を打ちたい方、気軽にノーレート麻雀を楽しみたい方など、様々なお客様にお楽しみいただけるお店となっております。

ノーレート競技麻雀フリーとは

ノーレート雀荘「雀友倶楽部」ノーレート競技麻雀フリーとは

競技麻雀をベースとしたルールで行われる、フリー雀荘形式のゲームがノーレート競技麻雀フリーです。

営業時間内であれば、いつでもお一人で来られて競技麻雀を楽しむことが出来ます。

3万点持ち・一発、裏ドラあり、その他競技麻雀用のルールを採用しております。

 

お客様ひとりひとりの成績を管理しておりますので、毎月の成績優秀者は決勝は毎回白熱した対局が繰り広げられます。

通常のノーレート雀荘では体験できない、負けられない半荘を経験したい方は是非、お越しください。

他のノーレート雀荘との違い

他のノーレート雀荘と異なり、プロが常駐・指導してくれます。希望される方には同卓したり麻雀を後ろから指導いたしますので、お気軽にスタッフまでご連絡ください。

また、レーティングシステムで自分の雀力を客観的に判断でき、雀力向上に繋げることができます。

概要

特徴 競技麻雀ルールのノーレート麻雀
開催日

月曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜

(大会日を除く、詳しくは営業日カレンダーをご覧下さい)

時間 11:00~22:30(最終半荘開始)

※23:20を超えると次の局に入ることは出来ません。
普通のフリー雀荘と同じように営業時間内であれば、
好きな時間に来店されて好きな時間に帰ることが出来ます。

ここがスゴイ

マナー重視の落ち着いた環境で麻雀が楽しめます

ノーレート雀荘「雀友倶楽部」マナー重視の落ち着いた環境で麻雀が楽しめます

当店は、純粋に麻雀を楽しんで頂くための環境づくりを重視しております。

また、マナーを重視し、麻雀に集中できる環境作りをこころがけております。

 

 

希望されるお客様には講師が麻雀を指導します

ノーレート雀荘「雀友倶楽部」希望されるお客様には講師が麻雀を指導します

お客様が自分の麻雀を客観的に評価してもらいたい時など、手の空いているスタッフの講師が麻雀を観戦し、手順や押し引き読みについてなど気が付いた点を半荘終了後、お伝えします。


麻雀を指導するに当たり別途料金などは頂きませんが、混雑時などはご希望に添えない場合があります。あらかじめご了承ください。

負けられないノーレート麻雀をご提供します

ノーレート雀荘「雀友倶楽部」負けられないノーレート麻雀をご提供します

半荘終了時の持ち点、順位を記録しており、レーティング、本日の成績、今月の成績、全成績、レーティングランキングなどが記載された個人成績表をお帰りの際にお渡ししております。

レーティングシステムで自分の雀力を客観的に判断し、成績などを分析した上でお客様の雀力向上に繋げることが出来ます。

ノーレート雀荘「雀友倶楽部」負けられないノーレート麻雀をご提供します

そして、毎月の成績上位者4名が決勝に進み、さらにそこで月間チャンピオンを決定します。

決勝は半荘2回戦行い条件などを意識しつつタイトル戦さながらの、負けられない半荘というものを経験することが出来るでしょう。

ノーレート麻雀と言えどお客様一人ひとり常に目的意識を持っていただき、ただ麻雀を打つだけの空間ではない場所作りに励んでおります。

評価システム

評価システム

雀友オープンポイント部門とは、ノーレート競技麻雀フリーでの8半荘の合計ポイントです。

月末時点の上位4人で決勝を行います。

イメージとしては、フリーで打つ麻雀は全て決勝の予選になっていると思っていただければ分かりやすいと思います。

ポイントというのは、半荘終了時の素点に順位点を加えたものになります。ノーレート競技麻雀フリーのルールでは3万点持ちでスタートします。半荘終了時に3万5500点持ちだった場合は、5500点(1P=1000点)が開始時より増えました。ですので素点は+5.5Pです。トップだった場合はこれに30Pを加えるので+35.5P、2着だった場合は10Pを加えるので15.5Pとなります。

このポイントは日をまたいでもリセットされませんが、月間ですので月をまたぐとリセットされます。これの積み重ねで8半荘の合計ポイントでお客様同士成績を競い、月末の時点での上位4名が決勝に進みます。

8半荘を打ち終えると一度、ポイントがリセットされ9半荘目からはまたゼロからスタートします。リセットされるといっても、その前の成績が消えるわけではなく、毎月のノーレート競技麻雀フリーの確定ポイントとして残ります。

要するに、8半荘成績が悪くても9半荘目からはまたゼロからやり直せるということです。 ポイントはいわゆる良いとこどりではないため、1~8半荘で1セット目、9~16半荘で2セット目、17~24半荘で3セット目といった感じで、何度でも挑戦していただき、もっとも良かった半荘8回の合計ポイントが自分の成績として残ります。

その成績が月末の時点で上位4名に入っていれば決勝戦に進むことが出来ます。

優勝者には1万円分の当店で使えるポイントを進呈し、日本雀友会発行の「麻雀界」への掲載を致します!!

また、毎年3月に開催される「年間王者決定戦」のシード権が与えられます!

※なお、決勝の日程は決勝に進出した皆様の予定を伺い当店で決定いたします。なるべく、4名さま全員が参加できる日を調整いたしますが、参加できる日が著しく限られている場合は、決勝を辞退していただく可能性があります。
※決勝の参加費は無料です

雀友オープン各部門(月間)

ノーレート競技麻雀フリーでは以下の3部門の月末の時点で1位の方に表彰、賞金を進呈しております。

最も多くの回数麻雀を打った、最多打荘数部門
最もレートの上昇幅の大きかった、最大レート上昇部門(最低月16回打った方のみ)
最もトップ率が高かった、最高トップ率部門(最低月16回打った方のみ)
  

年間王者決定戦

年間王者決定戦とは、雀友倶楽部で毎年3月に行われる前年度最強雀士を決める大会です。
 
本戦には上記の雀友オープンポイント部門の優勝者12名、そして古久根英孝プロ(2010年度大会出場)などゲストプロをお呼びして行います。

料金

一般

1ゲーム400円、平日はお預かり2000円、土日祝2400円

お預かり金以上打たれた場合は、1回ごとに200円。
 長く打てば打つほどオトクな料金設定です。

学生

1日ずっと1ゲーム200円!
 ※学生料金は学生証をお持ちの方が対象 ご新規登録の際に学生証をご提示をお願いいたします。

ルール・マナー

ルール

■東南半荘戦。
■30,000点持ち30,000点返し。
■トビ終了なし。
■赤ドラなし。
45分+1局(2017年3月~)
■子の4ハン30符、親の4ハン30符を切り上げ満貫とする。
■1,000点を1.0Pとし、30,000点からの得失点に順位点を加えてポイントをつける。
順位点は1位+30P、2位+10P、3位△10P、4位△30Pとし、同点の場合は順位点を分ける。半荘終了後、各自で卓ごとの成績表に素点を記入し、対局者は素点の合計が±0になることを確認する。
■喰いタン・後付けアリのいわゆるアリアリルール
■常時一翻縛り(和了した時点で一翻あればよい。二翻縛りなし)
■親の和了及び聴牌は連荘とする。テンパイ連荘。
■リーチ一発役あり(ポン・チー・カンがあれば無効)
■裏ドラ・カンドラ・カン裏あり(カンドラは即乗り)
■場所決めは掴み取りとし、東を引いた者がそのまま起親となる。以降は回り親とする。
■ノーテン罰符は場に3,000点。積み場は一本につき300点。その際の積み棒は百点棒で提示する。
■形式聴牌あり。
■喰い替えなし。
■途中流局一切なし(四風連打、四人リーチ、九種九牌、四開カンなど)。
■複数によるロン和了は上家の和了とする(二家和・三家和なし)。いわゆる頭ハネ。
■翻牌(連風牌を含む)の雀頭は二符。
■純粋な役の複合によるダブル・トリプル等の役満を認める。数え役満なし。
■嶺上開花はツモ和了とし大明積による包はなし。その場合ツモの二符を認める。
役満の包はなし
■人和・流し満貫なし。
■南四局の親の和了止めはトップに限りアリ。続行してもよい。ただし、テンパイやめはなし。
■ツモ番がなくてもリーチできる。
■立直後の暗カンは面子構成のかわらないものにかぎり認める。不正なカンは流局時にチョンボ。
■ノーテンリーチは流局時にチョンボ。そのほか不正な和了を宣言して手牌を公開した場合、ゲームの続行を不可能にした場合、チョンボとする。
■空行為(空ポン、チー、カンを含む)や錯行為は和了放棄。
■和了放棄者は流局時にノーテン扱いとなる。
■チョンボの発生した局はノーゲームとし、その局をやり直す。
チョンボ者は、他の三者に3000点オールのお支払い(2017年3月~)
■ゲーム終了時に供託リーチ料がある場合は供託のままとする。
■その他、ルールに関するトラブルなどはスタッフの指示に従って頂きます。

マナー

当店は通常のノーレート雀荘と異なり競技団体のマナーに則している部分が多いため、慣れていないマナーなどもあり最初は間違ってしまうことも多いと思います。
中にはマナーと云うよりも競技麻雀の作法に近い部分もございますが、競技麻雀の形式ですのでご了承いただければと思います。
もしも間違えてしまった場合などは、スタッフから指導させて頂く場合がございますがあらかじめご了承下さい。

また、常連のお客様は競技マナーに慣れていない新規のお客様などに配慮して、細かいマナーなどの強要は避けて頂きますようお願いいたします。

基本的なマナー
■対局ごとに「よろしくお願いします」と「ありがとうございました」の挨拶をお願いします。
■牌をこぼす原因となるため、配牌の取り出し、ツモの動作以外で他家の方の山に触らないで下さい。王牌を分けたりくっつけたりする行為も同様に牌をこぼす原因ですのでご遠慮ください。
■点棒は相手の手元にやさしく置いてください
■必ず行為よりも先に発声を行ってください。打牌してからのリーチ宣言、牌を晒してからの発声はトラブルの元ですのでご遠慮ください。
■禁止している行為
先ヅモ(必ず上家の手が牌から離れてからツモ動作を行ってください)
強打・極端な引きヅモ・伏せ牌・ノーテン者や和了り者以外が牌を倒す行為(他家の当たり牌を見せる)
小手返しなどによるツモ切りか否かを分からなくいする行為・牌をカチャカチャする牌遊び 手牌に関する発言・口笛、鼻歌、過度な独り言、同卓者との度が過ぎた会話
その他、ゲームの進行に問題のある行為・誤解を招く仕草・同卓者を不快にする行為などを禁止します。

競技的なマナー
■麻雀卓のボタン操作は次局の親の方が行う(牌を流し入れる)ようにして下さい。
配牌の取り出しは四人が井桁を組んでから(山を前に出してから)行うようにして下さい。
■上家がリーチした場合、リーチ棒が卓上に置かれるまで下家はツモを行わないで下さい。
■発声ははっきりと正確に他の三人に聞こえるようにお願いします。
ポンの発声は直ちに、チーの発声はポンの発声が無いことを確認してから発声して下さい。
牌を鳴く場合、必ず発声して牌を晒してから打牌して下さい。
点数申告は略さず申告してください。ツモの場合は子→親の順序でこれも略さずに申告して下さい。
「3本5本」や「イチサン・ニーロク」などの申告は避け、しっかりと「300・500(サンビャクゴヒャク)」
あるいは「1300・2600(センサンビャクニセンロッピャク)」と言うようにして下さい。 本場がある場合は本来の得点を申告した後に本場まで含めた得点を申告して下さい。 (「ナナトーサンの一本場」→「700・1300は800・1400」)。マンガン、ハネマン等の申告も不可です。
■見せ牌に関する規定は設けておりませんが、著しく倒した場合はチョンボとなります。
■対局者は他家の競技行為(点棒授受や正当な和了りか等)を確認したうえで、相互に責任を持ち正確な競技進行に協力してください。
例えば点数の申告し間違いに他家が気が付いた場合はそれを指摘する義務が生じます。

お店からのお願い
対局中は禁煙です。半荘と半荘の合間に3分弱休憩を設けていますので、その間に外の喫煙コーナーをご利用ください。
競技中の代走は可能ですが、スタッフの打ち方に規定はございません。(2017年3月~)
急にトイレに行きたくなったり電話が必要になったりした場合などは、一度卓を止めますので、その際はスタッフにその旨を伝えるか、同卓者に一言断ってから卓を止めるようお願い致します。
対局の観戦を認めておりますがその際はスタッフに一言お声をお掛けの上、対局者に気を遣い局の途中の移動や対局者との過度な会話はご遠慮下さい。
また、長時間の観戦のみの在店もご遠慮下さい。
■携帯電話はマナーモードに設定し、対局中の通話はご遠慮下さい。
メールや着信の確認などは認めております。
■お客様をなるべくお待たせしないため、ラス半コールをお願いしております。
■その他、マナーに関するトラブルがございましたらスタッフの裁定に従っていただきます。
■スタッフの指示に従って頂けないお客様は当店出入り禁止にさせて頂く可能性があります。

以上、楽しく真剣に麻雀を打つため、ご協力をお願いいたします。

ブログ
スタッフ募集中!!

詳細はe-mail又は、 お電話でお伝えいたします。
麻雀界を盛り上げたい方大歓迎!

土田浩翔プロ、多井隆晴プロ
毎月ゲスト来店。
東京都JR秋葉原駅から徒歩1分。

「雀友倶楽部(じゃんゆうくらぶ)
03-5829-9465  e-mail